Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10、陸上

中学校に入学。
入学式が終わって校舎の周りを歩いていると、上級生の女のひとが、
「君たち部活決めた? 陸上は楽しいよ。まあ、美術部もいいけどね~」
と声をかけ、ジャージをなびかせて颯爽と去っていった。
このわけのわからない勧誘に惹かれ、陸上部に入部。
陸上競技はいい。
新入生でも、記録会などの大会に入部後すぐに参加できる。さらば補欠人生。
最初の大会では、100メートル競走に出場した。
タイムは17秒5。
わしは足が遅かった。
その後、幅跳び、高飛び、ハードル、砲丸投げなどあらゆる種目に挑戦するも、話にならず。
しかし、1周150メートルの極小トラックをバターになるくらい走りまくったり、腹筋・背筋に励むうちに体力がついたので、中距離選手になった。なれた。
大会のとき、広い競技場で800メートルを走るのは気持ちよかった。
冬は駅伝。
小さな島を一周する駅伝でアンカーを走ったときに感じた高揚と潮風が忘れられない。

中学入学と同時に、自ら塾に通いはじめた。
ローマ字が理解できない自分に不安を感じたのが、その理由。
これまででいちばん勉強をした時期だと思う。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。