Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎゆく夏

今年の夏は、<A href="http://blog.jra.jp/2010ss/">夏競馬ブログ</A>に捧げた。
井上オークスのカテゴリーは、PCからは<A href="http://blog.jra.jp/2010ss/cat6869549/index.html">こちら</A>。
携帯からは<A href="http://typecast.typepad.jp/t/typecast/299383/229369/category/6869549">こちら</A>。
ぜひぜひ、アクセスしてみてください。

たしかに捧げたのだけれども、やり残したことがたくさんあって悔しい。
インプットとアウトプットのバランスが悪くて、ネタを大量に余らせてしまった。トホホ。

佐賀競馬場で披露された、川田孝好調教師&川田将雅騎手による親子併せ馬について、触れたかったのに触れそびれてしまった。
荒尾の霧島賞のこと、お盆の交流重賞のこと、書きたいことはしこたまあった。
帯広競馬場にオープンしたグルメスポット「とかちむら」のこととか、「ますや」の蹄鉄型のパンとか……。

「1回の更新につき、200字程度」というオーダーでスタートしたブログなのに、毎回毎回1000文字とか2000文字とか書いてしまったのも、どうかと思う。
頑張っていっぱい書いたというわけじゃなくて、書きたいことがありすぎたのが長くなってしまった一番の理由だが、「200文字では読み物として成立させられなかった」というのもまた事実。苦い。

ブログって難しい。
書きたいことがありすぎてキリがない。
フリーダムすぎて、どこまでやったらいいのかわからない。
といっても、ブログを書くのは嫌いじゃないから、上手く付き合えるようになりたい。

紙媒体がどんどん減っていったら、私の仕事はブログ的なものだけになるような気がする。
自分でネタを見つけて、自分で取材して、自分で写真を撮って、自分で写真を選んで、自分で文章を書く。
ウェルカム、オークスワールド。
それもいい。それもいいし、むしろ心地よいのだけれど、そればっかりじゃあ広がっていかないような気がする。

編集者とやりとりを重ねているうちに、文章が化けることがある。
ってことは、おのれの推敲のみで世に出る文章は、良化する可能性を放棄しているのか?
上手くなりたい。面白い文章を書きたい。

とかなんとか言いながら、高知ブログの更新に取りかかろうと思う。
そういえば、高知ブログは仕事じゃないのに、2年近く続けてしまっている。
なんだかんだ言って、ブログ好きなのか?
矛盾してる。愛憎なのか。よくわからない。やっぱり寝る。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。