Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯

本日も、とても調子がよかったのである。途中までは。
京都4レースの新馬戦では、タイキシャトル産駒サンレイラピッヅの単・複・馬連を獲った。
単勝は1010円もついた。
京都6レースでは、“菅谷乗り”の炸裂を予感し、見事にはまった。
菅谷正巳騎手が跨ったウィステリアバレイの単勝(1180円)及び複勝(310円)、ついでに馬連(1990円)、さらには三連複(6830円)をゲットしたのである。
かの有名な“菅谷乗り”でええ思いをしたのは初めてだ。かなり気持ちよかった。
今後も、“菅谷乗り”に注目していきたいと思う。
ちなみに、今回の“菅谷乗り”は「最後方→直線ぶっこ抜きバージョン」であった。

エリザベス女王杯は、わし(貧)にとって、買いたくないけど買いたい、買いたいけど買えない馬券で決着した。これはもうしゃあない。
ファインモーションの強さを目の当たりにすることができただけでよしとする。

6レースのあと三万ほど払い戻ししたはずやのに、最終レース後に財布の中身を確認してみれば、万札が一枚しかない。結局、収支はマイナス1万……って、わしはどれだけ外れ馬券を買ったというのですか。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。