Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博才開花(その1)

阪神競馬場へ。午後イチには着いてる予定やったんやけど、前日に見知らぬおっさんからご馳走になったシーフード・オムライスに当たったのか、腹を壊したため、結局3時前に到着。
思えば、このことが幸を相したのかもしれない。

中京のメイン(遠州灘特別)で、3月にデビューしたばかりの新人騎手・北村浩平騎手の単複を買った。
阪神のメイン(毎日杯)に出走するシルクボンバイエの顔と馬券に夢中だったので、斤量52キロって軽いなー、ジョッキーは新人だけど、幸四郎のマイルカップみたいなこともあるからなー、と、あまり深く考えずに買い目を決めた。
そしたら、けっこう張り込んだ阪神は外れ、600円しか買っていない中京が当たってしまった。単勝1010円は美味しい。余裕の逃げ切り勝ちであった。
おまけに、中山メイン(日経賞)は、8番イングランディーレ(知人から同馬にまつわる熱い話を聞く機会が立て続けにあり、それが印象に残っていたので選んだ)と、4番バランスオブゲーム(1番人気だし~)と、7番ハッピールック(思ったより人気ないし~)の馬単3頭ボックスを買ったところ、8→4で的中。3着は7番で、3連複も買っときゃ完璧だったのに……という想いは残るものの、またしても600円しか使ってないのに的中である。馬単4580円は美味しい。

けどなあ、勝負に出た毎日杯は外れたんだよなあ~。おっと、欲深く後悔して、せっかくの喜びを色あせさせるこたあない。うわっ、はよ払い戻しせな最終買えへんやん。(パサパサ)払戻機からお札がでてくるのは嬉しいなあ~。
と、舞い上がったわしは、あたふたと中京最終の馬券を買った。メインを勝った北村浩騎手と、密かにお慕いしております柴原騎手(デビュー2年目)と、これまた斤量52キロの馬に乗る新人・石橋脩騎手の、減量騎手馬連3頭ボックス。別名ロリコンボックスだ。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。