Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東脊振村→新門司港→フェリー→神戸→京都

水曜日――ネットカフェを出て、佐賀県の東脊振村(ひがしせふりむら、と読む)にある祖母の家へ。1年前、祖父が死んだときには酷くやつれていた祖母も、ずいぶん元気になり、耳も目も口も達者で、85歳とは思えんほど。祖母は、息子(わしの親父)のことをしきりに嘆く。もう還暦なんやから、そろそろ馬鹿なことはやめてもらいたいものだ。と、意見が一致する。

木曜日――祖母の家から新門司港に向かい、神戸行きのフェリーに乗る。

金曜日――午前7時半に神戸に着く。濃霧により、1時間遅れ。大阪駅の前にある電気屋で買い物をしようと思い立ち、開店まで時間をつぶそうと、牛丼屋に入って納豆定食を注文し、なにげなく財布を覗いたとき、金が異様に減っていることに気づいて血の気が引く。
フェリーでお金を盗まれちゃいました。
思い当たるフシといえば、入浴中。脱衣所で、貴重品ロッカーを探して財布を持ってウロウロし、ロッカーはあるにはあったのだが鍵がついておらず、現在使われておりませんというたたずまいだったので、まあいっか、とバックに放り込んで風呂に入ったのがまずかった。そのとき、入浴時間が残り30分だったので、浴室にはわし以外誰も居なかったが、脱衣所には風呂上がりのひとがたくさんいた。たぶん、そのなかに。わしが湯船をひとりじめして悠々と平泳ぎをしている間に。
運ばれてきた納豆定食に対して少しも食欲がわかなかったが、据え膳食わぬは女の恥なので、無理矢理たいらげてからヨロヨロと電気屋に向かうも、お目当ての商品は売り切れ。ワードとかエクセルとかの機能がついたモバイル。しかも、生産中止。ひと月前には、2万円のお値打ち価格で売ってたのに。しかし、ただでさえ金がないのにさらに盗まれてもうたマヌケは2万円の買い物をするとただちに路頭に迷うことは確実なので……あー!
そんなこんなで、阪急電車に乗って京都の自宅に戻り、ただちに現実逃避の睡眠タイム。

土曜日――原稿料が振り込まれていたこともあって、だいぶ気分が復活した。金がなんだ。稼ぎゃいいんだ。淀で稼いだる! と息巻くも、明日は締め切り。最近、余裕をもって原稿を提出しているので、このペースを崩したくない。といってもなかなかやる気が出ず、日中はのんべんだらりと過ごし、暗くなってからようやく書きはじめた。それでも9時頃には書き終わったのでよしとする。これで日曜は心置きなく馬券が買える。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。