Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たれ目はデフォルトやけど

とうとう「老け二重」になってしまった。
老け二重とは、一重まぶたの人に起きる現象だ。
まぶたについた肉(脂肪か)が削げ落ちることによって、骨格に沿って眼窩が落ちくぼみ、いつの間にか〝擬似二重〟が出来上がるという、老化現象の一種である。
うちの母親が40代後半で老け二重になったので、同じ一重まぶたの自分もいつかたどる道だとは思っていたが、よもや20代でこうなるとは。最近実年齢より上に見られるようになったのは、間違いなくこのドロンとした老け二重が原因なのだ。
そんなしみったれたことをぐずぐず考えていたため、昼を過ぎても淀に向かう気力が起こらず、祇園のウインズで馬券を購入。1500円分の馬券を買って、1520円の払い戻し。その後、カード型PHSを物色しようと入った寺町の電気屋で、この日記を書いているモバイル「シグマリオン3」が、オークションで買った値段(出品者の希望最低落札価格)より1万円も安く販売されているのを見てしまい、口からエクトプラズムが出た。入札してから落札するまでの、あの一連の面倒な手続きは一体なんだったのだろうと思いながら、寺町商店街の100円ショップ・ダイソーでマスカラを3本買い(1本3000円の高級マスカラを年間3本買うと考えて節約したつもりになり、シグマリオン3の差額を別のところで穴埋めしたつもりになるという自慰行為)、友人のおごりで美味しい中華料理を食べた。人にご馳走してもらうばかりで情けないが、とてもありがたい。
帰宅後、ダイソーマスカラを試し塗りしようと鏡を覗いたら、老け二重のライン、つまり「皺」が日中より深くなっていた。しみったれた日常を送っているから、顔面もしみったれるのだろう。それに伴って日記もますますしみったれるのである。クソッタレ。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。