Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめぐみを

昨日の競馬終了後、宴会に混ぜてもらった。
<B><A href=http://k-bar-umanari.hp.infoseek.co.jp/>K-BAR うまなり</A></B>さんが音頭をとって、競馬場近くの「馬車馬」という居酒屋さんにて乾杯。
そこで興じた「馬名しりとり」がおもろかった。
馬名しりとりをするのは初めてで(最近しりとりをすること自体が稀だ)、そんなん盛り上がるん? なんて思ったのだが、みなさんの口から発せられる馬名に個性が滲んで、なんとも楽しいのだ。
この人は、長いこと競馬をやってはるんやな。地方競馬に詳しい人なんや~。渋好みね……とか思っているうちにお開きの時間。結局、小一時間あまりしりとりっていた気がする。

宴のあとは、金山駅近くのレディスサウナに一泊。昼12時まで爆睡してから、名古屋競馬へ。
惜しい負けが続いて、最終レース前に場立ち予想屋「サブイチ」へ教えを乞いに行くと、「1と9で堅いよ」。百円玉を渡そうとすると、右手を軽く振って断られた。
果たしてレースは1-9で決まった。わしはそれまでの負けを7割がた取り返すことができた。
お礼を言いに行くと、すでにサブイチのやぐらは空だった。
くたびれたジャンパーを羽織った(ごめん)おじさんに、またしてやられた。
――はいこんどはこれからこれがアタマだよ~♪
早口でどことなくカマっぽい、それでいて歌うような口上を甘くみてはいかん。

競馬場からまっすぐ「うまなり」へ繰り出した。
マスターや常連さん達とわいわい会話しているうちに、話がどう転がったのか、占い師のおねえさんを呼ぶことになった。
わしは来年の9月、12年に1度の狂おしく、ハタ迷惑なほど激しい恋に落ち、立ちふさがる障害さえも火に油ってな感じでボーボーに燃え上がるらしい。ご厚意で占っていただいたところによると。
「障害で燃えるタイプ」といわれて思い当たるフシは多々あるし、以前恋に身悶えた(恥ずかしながら)時期をピシャリと当てられてしまったし、思わずおねえさんににじり寄って、次回もっと詳細な占いをしてもらうことになった。
馬券が当たる、つまり金運がアップするのは、再来年の9月とのことだった。恋が実って、幸せの絶頂のなかにいながら、なおかつ馬券が当たりまくるだろうか。それとも、ボロボロになったところへ、施しのごとく当たるのだろうか。なんだか後者のような気がしてなりません。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。