Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)

天皇賞(春)は、単勝70倍近い馬を軸にした3連複で勝負した。結果は今月末発売の『優駿』でご確認ください~。

夏の格好をして淀へ繰り出したのだが、メイン前から思いのほか涼しくなり、失敗したなと思った。今年の春天は寒かった。レースも寒かった、と感じる人も多いかもしれないが、人気薄の逃げ馬が後続に大差をつけて、このまま逃げきるか!? という4コーナーあたりの光景がけっこう好きなので、わしは面白かったなと思った。場内のなんともいえないどよめきもよい。このあと続く春のG1が全部こうだと、はあぁ~と脱力してしまうかもしれないけれど。
勝ったイングランディーレと横山典弘騎手が輝いてみえた。ジョッキーとしてはそうとう気持ちいい勝ち方だったんじゃないだろうか。しかし、どんな展開になろうとも、リンカーンが3着を外すことはないと思っていたが……そりゃ20万馬券も出るわな。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。