Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKマイルカップと風呂問題(その2)

2着になったコスモサンビームも頑張ったが、勝ったキングカメハメハはずば抜けて強かった。青葉賞を勝ったハイアーゲームも本格化してきたようだし、ダービーが面白くなってきたと思う。個人的には、コスモバルクに頑張ってほしい。
とりあえず、馬券が当たったのが嬉しい。G1で単勝や複勝以外の馬券を当てたのは、昨年のジャパンカップ以来のような気がする。
が、調子に乗って京都の最終レースに突っ込み、本日のトータルは500円勝ちだった。
儲けた金を使って、寺町商店街の銭湯「さくら湯」で汗を流した。開かずの風呂場対策である。
繁華街の真ん中にあるこの銭湯を、たまに利用する。そういえば、四条大宮のワンルームに住んでいたとき、頻繁にガスを止められた。祇園のラウンジで働いて収入が楽になっている間も、銭湯に通ったり、銭湯代がもったいないときは冷水で髪を洗ったりしていた。せっかくユニットバスがついていたのに、無駄なことをしてたもんだ。生活にかかる費用を考えずに馬券を買うから、収入があろうがなかろうが金がない。同情されないタイプだな。
冬場にガスが止まっても平気でいられたのは、部屋の斜め向かいに「田原湯」という銭湯があったからだ。それまで見知らぬ人と一緒に風呂に入るのは苦手だったが、あの銭湯で、ジェットバスや風呂上がりに飲むコーヒー牛乳の味、野球中継や時代劇を見上げる(脱衣所の男女の仕切りの上にテレビを置いてあるため)喜びなんかを覚えてから、すっかり銭湯好きになった。
さくら湯の湯の温度は、銭湯のなかでもかなり高めで、すぐにのぼせるわしは少し苦手なのだが、早い時間だったせいか客が少なかったので、じゃんじゃん水を足して入った。気持ちよかった。が、調子に乗って長風呂をしたせいか、出ようとしたときに強いたちくらみがきて、ちょっとうずくまってしまった。これはこれで危ない気持ちよさがあったのだが。
帰宅して、恐る恐る共同風呂のドアに鍵を突っ込むと、パカンとあっけなく開いて拍子抜けした。倒れている人もいなかった。なにもなくてよかったが、なぜ午前中は開かなかったのだろう。まあ、淀に行ったら負けてたかもしれないし、銭湯も立ちくらみも気持ちよかったし、いいように考えようっと。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。