Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け継がれる貧乏性と乙女の定義

仕入れのために大阪に出てきた母親のお供。
船場の問屋街で衣料品を買い漁った。
「このセーター、698円にしては生地が厚くない?」
「待って。こっちのは500円やで」
「あっ、靴下48円や!」
「でかした! 52円のはやめて、そっちにしよう」
母娘そろって貧乏性だと痛感した。1000円以上する品物を「これ、いいねえ」と手にとっても、買い物カゴに入れる勇気がない。一生懸命「安くてよいもの」を選んではいるのだが、やはりどうしても「値段なりの品物」だから、時として大量に売れ残ったりする。
しかしまあ、たとえ48円の靴下でも、200足購入するとなりゃ、ちょっと気持ちいい。わしが金を払うわけではないが、日頃抑圧している買い物欲が満たされるのかもしれない。
仕入れ終了後、新大阪駅で母親を見送った。久々に一日一緒に行動したせいか、改札を抜ける後ろ姿を見ていると寂しくなってしまった。
明日は誕生日。そういえば、27歳って乙女といえるのだろうか? 教訓。ホームページの名前はよく考えてつけなければならない。しかし、誕生日は好きな人と好きなものを食べながら好きなことをして過ごしたいと夢見る乙女心はまだ健在だからヨシとする。というわけで、乙女的ハングリー精神にのっとり、せめて好きな場所で過ごそうと思う。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。