Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異次元の加速

京都競馬場で、異次元の加速を目撃した。
しばらく動けなかった。呆然と立ち尽くしてしまった。
英愛オークス馬・スノーフェアリーが、エリザベス女王杯を制した。
あんな脚、初めて見た。

内はたしかに荒れていた。
帰りに駅で出会った某騎手が言っていた。
「外を走ってたら、もっと楽勝してたんじゃないかな?」
しかしムーア騎手は、内の荒れをさほど問題にしていなかったようだ。
みんなが外目を選んだことで、周囲にあまりにも空間が開いてしまったから、内ラチ沿いを通って走りに集中させたとのこと。

トレヴァー助手は、表彰式に参加しなかった。
口取り撮影が終わると、すぐに愛馬を外国馬用の厩舎へ連れて帰った。
早く汗を洗い流してあげたかったのかな。
スノーフェアリーとトレヴァー助手は、雰囲気が似ている。

人を信頼し切っていること。
めちゃくちゃかわいいこと。
スノーフェアリーとアパパネの共通点。
今回は一騎打ちにはならなかったけど、またいつかどこかで、同じレースを走る日が来るかもしれない。
旅費を溜めておかなくては。

その前に、スノーフェアリーがジャパンカップに出走するならば、調教を見に行こう。
初めて見てから4日しか経ってないのに、この入れ込みようはなんだ。
考えてみれば――。
水曜に栗東トレセンの記者席で、JRAの職員さんが「スノーフェアリーの追い切りは、京都競馬場で7時から行われます! 追い切り後、共同記者会見を予定しています!」と叫んでくれたことが、スノーフェアリー単勝勝負に結びついたのだ。
わらしべ長者みたい。
たくさんの人に感謝しよう。
ブラボーデイジーにも感謝しよう。

勢い余って、サンダーバードに乗って金沢にやって来た。
勢い余って、特大ガラガラバッグを自分よりも先に金沢に届けてしまった。
カバンはいま、車庫で眠っている。って、わけわからないですね。
とにかく、ありえないことをやらかした。

レディースジョッキーズシリーズの金沢ラウンドは、あさっての火曜日。
気合いの2日前入り。
忘れもしない、2年前の金沢ラウンド当日。
落雷で特急が停車してしまい、地獄の2時間を味わったので。
LJS観戦は、ライフワークなので。
赤見千尋さんが、ポニーレースに参戦するので!

……いま、重大なミスに気がついた。
明日、しかるべき人に連絡しよう。
浮かれてはいけない。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。