Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お年玉

4日の夜、両親から「明日は高松の支店へ行く」と聞いた。ブラボー。
金杯の馬券を諦めかけていたわしにとって、ものすごい朗報である。なんというタイミングのよさ。
というわけで、親父が運転するトラックに便乗して高松へ。ネットカフェで下ろしてもらって仕事を済ませてから、ウインズ高松へ向かった。
で。
中山金杯の本命はエイシンチャンプ。
京都金杯の本命はキネティクス。
どっちも4着。
もし3着ならば……中山は3連複が当たっていたし、京都は3連単が当たっていた。
もう、最終レースを買う気力もない。
と、がっくりと頭を垂れてウインズ高松を出ようとした、そのとき。
新渡戸稲造が足下で微笑んでいた。

――今年はいい年になりそうだ。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。