Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(春)

土曜は青葉賞を観戦。日曜は天皇賞(春)を観戦。
笠松→府中→淀のローテはハードだった。

今年の天春(『天春』なのか『春天』なのか。わしゃ『天春』派です)はイマイチな面子だねーなんて、だいぶ前からブーたれていたが、いざ出馬表を手にすると、好きな馬が何頭も出ている。
去年の天春で、3連複の軸にしたチャクラ。結果4着で、いい夢を見せてもらった。今年の万葉ステークスでお世話になったアイポッパー。ヒシミラクルでいい想いをしたことはないが、この馬が勝つとなぜか嬉しくなる。これまた相性は最悪だが、勝たれてやられた! と叫ぶのも一興、という感じのマイソールサウンド。根拠はないが、いい奴って気がするシルクフェイマス。一昨年の菊花賞馬ザッツザプレンティに、昨年の菊花賞ジョッキー岩田が跨る。紅一点アドマイヤグルーヴは、栗東で調教を見学したとき、常歩運動をしていた。歩いたり立ち止まったり、気ままなふるまいが女王然としていて存在感があった。

脚元に不安があったり、レース展開や馬場条件に注文がついたり、牡馬と一緒に走ると力を出せなかったり、どこか足りないところがある馬ばかりである。
どうもわしは、こういう馬を好きになる傾向があるようだ。

と、嗜好と折り合いをつけながら、あれこれ悩んで買った馬券はあっさりハズレ。
1着のスズカマンボも2着のビッグゴールドも眼中になかった。これだけ空振ると、むしろ気持ちがいい。それでもやっぱり、音をつけるとしたら「トボトボ」が一番しっくりくる足取りで淀へ。
マカイビーディーヴァ応援団のオーストラリア人と同じ電車になったので尾行してみようと思ったが、四条駅で共に下車し、彼らが祇園方面へ向かったのを確認したところで力尽く。

あと一歩な馬が好きだ。だけど、天皇賞(春)では問答無用に強い馬同士の対決を見たい。なんてことを考えてしまうのは、日曜の競馬が終わったあとの虚脱感のせいだろう。
財布の中身はハードボイルドワンダーランド。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。