Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四条にて

全裸の女性が馬にまたがっている。
タイトルは、「馬小舎の未亡人――異常興奮」。
きのうのことである。
天春の帰り道、折りたたみ傘を開くとズタボロに壊れていて傘の体を成さなかったので、100円傘を買おうと寺町商店街のダイソーに向かっていたとき、上記の看板が視界に飛びこんできて異常興奮。
八千代館という古式ゆかしいポルノ映画館で上映されている映画である。3本立てのうちの1本らしい。
誘い文句として、
 あの世の亭主は馬並みだった
 この間の男は人並みだった
 いっそ本当の馬ならば・・・
とあった。なにが「いっそ」なのか。
出演馬として「ビッグセイコー8才牡馬」と出ているが、中央競馬にも同名の馬がいなかったか。
看板の前で立ち止まり、すれ違うカップル達に不審の目を向けられながら携帯にメモっているわしはなんなのか。
よくわからない。

健康なビニール傘を手に入れて駅へ向かったが、なんとなく家に帰るのが億劫になったので、ひとまずマクドナルドに入った。
ホットアップルパイをかじりながら、モバイルを使って調べたところ、「馬小舎の未亡人」の旧題は「馬と未亡人芸者」で、1997年に作られた映画だということが判明。
「馬と未亡人芸者」というタイトルも凄まじい。
競走馬・ビッグセイコーはたしかにいた。が、2000年生まれなので映画に出ているのは別の馬だろう。
ともかく。なんというか。
生き物というものは切ない。
人も馬も。あなたもわたしも。
といったアンニュイ気分に区切りをつけ、ゲラの直しをしていたところ(たまには仕事もする)、携帯が鳴った。
「いまなにしてはるんですか?」
「四条のマクドにおるよ」
「じゃあ、そこにいてください」
しばらくして、学生時代に入っていたサークル(柔道同好会)の仲間が3人、ドヤドヤとマクドナルドに現れた。

久々の再会に涙を流しながら、スナックで女の子を口説く方法や、ノゲイラとヒョードル、新しい職場でついうっかり「ナースに踏まれたい」などと口走り、女子一同から早々に「変態」のレッテルを貼られたという話、いまいちブレイクしない井上オークスの未来、フィリピンパブなどについて熱い議論がなされた。
「同好会の下層階級3人が集まって飲んでたんですよ。で、なんで井上さんに電話したかゆうたら、井上さんは下から4番目やったでしょ?」
なんてことを言われて、けっこう嬉しかったのでした……。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。