Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感時間

4月はよく働いた。
ライターになって5年になるが、一番働いた(書いた)月なんじゃないかと思う。
その反動だろうか。
ゴールデンウィークに入ると同時に差し迫った仕事がなくなると……。
あたし、抜け殻になったんです(宇能鴻一郎風)。
万年床に横たわり、ヤニで黄ばんだ天井をひたすら眺めていた。
ふと思い立ち、携帯電話を使って船橋のGIかしわ記念の結果を見ると、「1着 ストロングブラッド」と出ている。
たらればにられば買ってれば。入れ歯。口惜しくて、配当は見なかった。

忙しい間は、昨日起きたことを1週間前の出来事のように感じた。普段の3倍くらい生きていたのだろう。毎日8時間しか生きていなかった人間が、24時間きっちり生きるようになり、1日の体感時間が3日になったという感じだ。
といっても、時間の流れは驚くほど速かった。
今日は後々に備えて、思い切って睡眠を摂ろう。今日の晩飯は肉を食ってアドレナリンを出そう(肉や大豆を食うとよく出るらしい)。気分転換に一冊だけ本を読もう。
などと予定を立てて、あれこれこなしているうちに、またたく間に1日が終わった。
我が家=職場なので、毎朝同じ時間に起床するところまでは規則正しくはならなかったが、わしにしては健全な生活だったと思う。
仕事に区切りがついて時間ができれば、あれもやれる、これもできると、ワクワクしながら暮らしていた。

ところが、いざ時間ができると、なんにもやりたくなくなった。
1分おきに時計に目をやってため息をつく自分が嫌になってまたため息をつく。
昨日と今日の境目のない生活。
わしゃもう、駄目じゃ。

なんて思っていたのは、ほんの3~4日ほど。なのに、1ヶ月くらい穴底で身悶えていたような気がするから不思議だ。
連休が明けて、すっかり元気になったいま考えるとアホちゃうかと思う。
まあ、つまらない時間は長く感じるということだろう。校長先生の訓辞はいつも長かったことだし。

5年後、わしはなにをしているのだろう。見当もつかない。
どこにいるのだろう。文章で食えているだろうか。金持ちになってたらいいな。
ま、希望願望欲望はいろいろあるが。
もう32歳かよ、アッという間だった……なんてことを呟くことができれば上々なのかもしれない。
楽しい時間はすぐ過ぎる理論にあてはめると、わしは意外と仕事が好きなのかもしれない。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。