Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみいっぱい夢いっぱい(ミスターピンク編)

☆ミスターピンク最新情報☆
韓国・釜山のキョンナム競馬場で騎乗中の内田利雄騎手は、12月19日(日)に1勝を重ね、海外での勝ち星を97勝として、2010年の騎乗を終えた。
<b>さすらいのミスターピンク、海外通算100勝まであと3勝。</b>

てなわけで、年明け早々にも偉大な記録が達成されるかもしれない。
釜山競馬は、2011年1月7日(金)に開幕する。

「海外100勝」を達成した日本人ジョッキーって、海外でライセンスを取得した騎手や、地方競馬の騎手免許を返上してマレーシアやシンガポールで活躍した道川満彦さん(元益田競馬)を除くと、JRAの武豊騎手と高知の倉兼育康騎手(韓国で106勝)だけなんじゃないかと思うんだけど、他にもいるのかな?
そして武騎手は、海外で何勝を挙げているのだろう。
内田騎手が海外100勝を達成するまでには調べておきたい。

金曜の釜山のメインレースを、サンスンイルロという馬で制した内田騎手。
サンスンイルロはコリアンダービーを制した牝馬。すなわち「韓国のウオッカ」だ。
しかもこの日が引退レース。テン乗りで見事に大役を果たした内田騎手は、安堵の表情を浮かべていた。
年明けに引退式が予定されているそうで、もしかしたら内田騎手が鞍上を務めるかもしれないのだという。
内田騎手は「僕は一度しか乗ってないのに、なんだか申しわけないですね」と恐縮していたが……。
見てえ。
てなわけで、まだ釜山にいるにも関わらず、次の釜山行きをたくらんでいる。

どうせなら1月7日(金)、9日(日)、14(金)、16(日)の釜山競馬を観戦したい。
だけどそうすると、1月17日(月)に高知で行われる新人王争覇戦の現地観戦が難しくなってしまう。
14(金)の釜山競馬を観て、15日(土)に帰国すれば問題ないのだが……16日(日)に内田騎手が海外通算100勝を達成するようなことがあれば後悔必至。
後悔といえば。
金曜に釜山の空港でだらだら身づくろいしたりウォンをキャッシングしたりしなければ、宮下瞳騎手の勝利も目撃できたのだ。ばかばか。私のばか。
次は絶対、1レースから最終までぎっちり見るぞ。
しかし次回の釜山遠征は、いつまで滞在したらいいんだろう。
悩ましいー。決められねー。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。