Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀記念出走馬 ~他地区の地方馬編・その1~

■キングスゾーン(牡5、名古屋・原口次夫厩舎)

<IMG src="http://www.geocities.jp/gamble_oaks/kings01.jpg">

3走前の浦和記念2着が光るキングスゾーン。前走の報知オールスターカップ(川崎)は5着だったが、よそ見をしたときにちょうどゲートが開いてしまったそうだ。

「しかも、ゲートに尻尾が挟まってしまったんだよ」(吉田理美厩務員)

そんな不運が重なって出遅れてしまい、序盤でかなり脚を使った。さらに、2番手の馬にピタリとマークされるという苦しい展開だった。

「それでも、勝った東京ダービー馬(ビービートルネード)は別格として、2着の馬とは0.4秒しか離れていないんだから、よくがんばったよね。今回もいい状態だよ。この馬の特徴は、体調の波がないところなんだ。JRAの馬は強いけど、いいレースをしてくれるんじゃないかな」(吉田厩務員)

キングスゾーンの粘り腰は、佐賀のコースと相性がいいんじゃないだろうか……と、わしは勝手に思っている。安部幸夫騎手を背に乗せて、8枠11番にゲートイン。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。