Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りのあとに

天皇賞(秋)もJBCも素晴らしいレースで、痺れまくった。2008年11月3日の園田競馬場は、本当に素晴らしい空間だった。

JBCの翌日も園田へ行った。チャンストウライの僚馬・ウィズダムハーバーが新馬戦を快勝。妄想が縦横無尽に膨らんでしまう。

園田を出てから、なるべく考えないようにしていた出来事をゆっくり考えた。

高知競馬に、スペシャリストという馬がいた。昨年の高知県知事賞や、今年のオグリキャップ記念や西日本グランプリを勝った駿馬だ。

美しい青鹿毛の馬だった。

私はスペシャリストと出会ったことがきっかけで、高知競馬のことをもっと知りたいと思った。そしていろんな宝物をもらった。

やすらかに。
時の流れが、みんなの悲しみをやわらげてくれますように。
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。