Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブミーチャンが現れたこと。

私はライデンリーダーを知らない。
高知にもイージースマイルという桜花賞トライアルに挑戦した馬がいて、地元はたいそう盛り上がったのだそうだ。
そのことを知ったのでさえ、ほんの数年前だ。
メイセイオペラは知っているが、当時は競馬の仕組みをよく知らなかった。
コスモバルクには様々なことを教わったが、バルクが中央に挑戦し始めた頃、まだ私自身がパンとしていなかった。
まあ、いまもって全身ゆるゆるなのだが、気合いだけはけっこう入っている。というか、気合いしかない。

とにかく、自分はライデンリーダー的熱狂を味わうことはないんだろうなと、心のどこかで思っていた。
でも、かすかな希望は持っていた。
それは、売り上げ減とか存廃問題とか、気の滅入る話ばかりが飛び交う日々のなかで、前向きに奮闘している地方競馬の人たちに触れたから、触れさせてもらったからだと思う。

しかし、彗星のように現れたラブミーチャンに対しては、妙に慎重になってしまった。
過剰な期待を抱いちゃいけないと、どこかでブレーキをかけていた。
全日本2歳優駿のパドックでも、この期に及んで「おなかに冬毛らしきものが……」とか、「早めに競りかけられたら……」とか、後ろ向きなことばかり考えていた。
ところがミーチャン強かった!

なんだろう、このウズウズする感じは。
いますぐ笠松に飛んでいきたい感じ。
ラブミーチャン!
スポンサーサイト
  • @

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。