Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『馬酔い放浪記』という新書を上梓します

まもなく、2冊目のエッセイ集を上梓します。

馬酔い放浪記

タイトル:「私は競馬を我慢できない! 馬酔い放浪記」
出版社:KKベストセラーズ(競馬ベスト新書)
発売日:2013年4月20日
価格:940円(税込)

処女出版『いま、賭けにゆきます』から2年、井上オークス、待望の第2弾エッセイ集刊行。
勝ったり負けたり食べたり怒ったり、時には岩手競馬を通じて復興を祈り、時には高知でチャイナドレス着て久々の水商売、GIレースではなけなしの福沢諭吉を張っての単勝買い――JRAから地方競馬まで、女の旅打ちはまだまだ続いています!

******

処女エッセイ集『いま、賭けにゆきます』(税込940円)に重版をかけたい。
印税馬券を買いまくりたい。
だけど己が書いた本を「傑作! 快作! ぜひ買って! 」とPRする勇気がない。そこでひとまず、自分で買おうと思った。しかし……。
「お金がないんです! 」
すると担当編集者の眼鏡が妖しく光った。
「“印税引き"という手もありますよ」 自著買い分の代金は、初版分の印税から引いてもらえるというのだ。つまり後払いOKなのだ。私は秘技・印税引きに飛びついた。
「200冊プリーズ! 」
「げっ、そんなに買うんですか!?」
大丈夫ですか、本当にいいんですか、200冊も。100冊ぐらいでいいんじゃないですか――何度も念を押されたけれど、女に二言はないんだぜ。<「馬酔い放浪記」/2011年NHKマイルCより>
――「げっ、そんなに買うんですか!?」と驚いた、眼鏡の担当編集者Hです。
今回も競馬への愛が詰まったエッセイが満載です。
そして今回の重要なキーワードは「復興」です。思えば「いま賭け」の刊行(2011年4月)直前に、あの震災があったのです。それから2年。岩手競馬などを通じて見た復興への一歩一歩がここにあります。
そして、井上オークスの意外な趣味も明かされます。ぜひぜひ、今回もご覧ください。

  


馬酔い放浪記 (競馬ベスト新書 19)
いま、賭けにゆきます (競馬ベスト新書)
スポンサーサイト

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。