Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タップの父ちゃんの帽子

おととしの有馬記念。
ドリームジャーニーの単勝に30万ぶち込んだ。
スポニチに連載しているGI予想コラムで、わざわざ宣言してぶち込んだ。
するとみんなにドン引きされた。

ドリジャニ

ばかみたいにぶち込んだ理由はいろいろあるが、一番の理由は「スポニチに悔いを残したくなかったから」。
永遠に続く連載なんてないから。
いつか必ず連載終了のときが来るから。

今もスポニチの連載が続いているのは(といっても上半期で終わる可能性もあるこわいこわい)、あの有馬記念をドリームジャーニーが勝ってくれたおかげである。
だからドリームジャーニーには頭が上がらない。
いくら感謝してもし足りない。

なのに私は去年の有馬記念で、ローズキングダムの単勝にぶち込むことを決めた。
浮気だ。
ローズキングダムにもお世話になっているし、ローズが直前で体調を崩して有馬記念に出走しなかったものだから、結局はドリームジャーニーで勝負したのだが。
なんともいえない罪悪感に包まれた。
大きな愛(120万の払い戻し)で包んでくれた恋人をソデにして別の男に走ったけどー。
会えなくなっちゃったからー。
クリスマスは元カレとデートしますー。うふ☆
みたいな。破廉恥な。

そして今年の宝塚記念。
ローズキングダムの鞍上は武豊でも小牧太でもなかった。
新パートナーはクレイグ・ウィリアムズ。
外国人ジョッキーのなかでは一番目か二番目に好き。
だけど鞍上がころころ変わるのは好きじゃない。
特にGIの即席カップルはいや。きらい。

だけどきらいだからといって、心のどこかで「もうGIは勝てないんじゃないか」と思っているドリームジャーニーに走ってしまうと、また罪悪感に包まれてしまう。
いっそ別の馬を本命にしようかと思った。
いったん頭を白紙にして、ドリームジャーニーとローズキングダム以外の馬を吟味した。
そしてこう思ったのさ。
「アーネストリーが面白い」って。
ルーラーシップが大出遅れをものともせずに1着をもぎ取った金鯱賞で、アーネストリーは3着に敗れている。
だから人気にならない。
しかし金鯱賞は休み明けだったのだから、2走目の宝塚では大きな上積みが見込める。
そしてなにより、鞍上が佐藤哲三にがっしり固定されているのがいい。

昨日のこと。
ローズキングダムとドリームジャーニーとアーネストリーと私のよんかく関係に頭を悩ませながら阪神競馬場に繰り出し、「ハッツオフプロジェクト」のブースへ足を運んだ。

被災した馬や震災で親御さんを亡くした子供たちを支援するために、海外の競馬関係者から提供された帽子をチャリティー販売している「ハッツオフ」。
私は緑色の生地に黄色の糸で「PLEASANT TAP」と刺繍された帽子が気になって、試着してみた。
「あっ、いい感じいい感じ」
「グリーン似合うね!」
綺麗なおねえさんたちに褒めてもらった私はすっかり嬉しくなって、その帽子を購入することにした。

誰かが言った。
「プレザントタップは宝塚記念を勝ったタップダンスシチーのお父さんだから、明日の宝塚は当たるよ!」

その後、場内の「ミュンヘン」というレストランにこもって、予想コラムを書いたのだが……。
昨日にタイムスリップして、ぜえぜえ言いながらコラムを書いてるおのれの耳穴に叫んでやりたい。
タップダンスシチーといえば、佐藤哲三騎手&佐々木晶三調教師のラブラブコンビだろうと。
タップにだってお世話になったんだから、タップ繋がりでアーネストリーを応援すればいいじゃないかと。
単勝を買いやがれと。

タップの父ちゃんの帽子をかぶって書いた予想コラムは、本命ローズキングダム。
ローズの単勝に3万ぶち込んだ。

ローズ30000

アーネストリーの単勝に3万賭けとけば、40万の払い戻しが転がり込んできたのにね☆

110626_2104~01

そして現在にいたる。


※テスト
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Appendix

井上オークスの著書

プロフィール

井上オークス

  • Author:井上オークス
  • 旅打ち競馬ライター。
    佐賀生まれ、愛媛育ち、京都在住。

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。